あなたのスムージーライフを楽しく快適にするレシピサイト

グリーンスムージーを飲み始めたら痩せるどころか太った!なんで!?

  グリーンスムージー便秘解消

グリーンスムージーを飲み始めたら、痩せるどころか逆に太った!という場合があります。

実はグリーンスムージーは作るレシピによって意外とカロリーがあって、カロリーの高いレシピのグリーンスムージーを飲み続けると太ってしまう、というケースがあるんですね。

グリーンスムージーは健康・美容に良い飲み物ですが、カロリーを抑えるという事も意識してみましょう。

スポンサードリンク

グリーンスムージーで使う果物に注意

グリーンスムージー太るグリーンスムージーでは色々な果物が使われますが、よく使われるものとしてバナナ・マンゴー・キウイ・オレンジなどがあります。

特にバナナはグリーンスムージーに使うポピュラーな材料ですが、1本で約100kcalあります。これにキウイ1個、みかん1個を加えると、それで200kcal近くなってしまうんですね。

飲みにくいのが嫌なのでフルーツを多めに入れる、という人も多いと思いますが、そうするとどうしてもカロリーが多くなってしまいます。

これを一日に何回か飲んだら、それだけでカロリー量が増えてしまうので要注意。

グリーンスムージーに慣れてきたらフルーツを減らす、またはカロリー量が低めのフルーツを使うようにしてみましょう。

 

グリーンスムージーを飲んでる安心感に注意しよう

グリーンスムージー太るグリーンスムージーは健康・美容に良い飲み物というイメージがありますよね。

実際にそうなのですが、グリーンスムージーを飲んでいるからといって、食事量の調整を怠ってしまうと、グリーンスムージー分のカロリーが増えてしまう訳です。

健康によいグリーンスムージーを飲んでいれば美容もダイエットもそれでOK!とはなりませんので、グリーンスムージーを飲んでいる、という安心感には注意しましょうね。

 

粉末タイプのグリーンスムージーを飲むのもアリ

グリーンスムージー太るダイエット目的であれば、粉末タイプのグリーンスムージーを使うのもオススメです。

自分で作るグリーンスムージーよりも、かなり低カロリーで手間がかからず簡単に作れますし、選択肢として検討する価値はありますね。

これまで自作してたのを2回に1回、粉末タイプのグリーンスムージーを使う、というような使い方もできます。

忙しい朝に早く置きてスムージーを作るのは面倒だな、という人は、粉末タイプのグリーンスムージーを試してみてもいいかもですね。

※粉末タイプのグリーンスムージーについては別記事で詳しく紹介しています。

スポンサードリンク