あなたのスムージーライフを楽しく快適にするレシピサイト

【貧血予防】ほうれん草とバナナ・キウイのグリーンスムージーレシピ

 

主な食材:ほうれん草、バナナ、キウイ 
カロリー:約180kcal 
飲みやすさ:甘めで飲みやすい 
期待効果:貧血予防、血行改善、免疫力向上、消化促進 

定番の葉野菜、ほうれん草を使ったグリーンスムージー。美容効果がほしい女性から子供までオススメできるレシピ。

スポンサードリンク

レシピの詳細

・ほうれん草2株
・バナナ1本

・キウイ1個
・オレンジ1/2個
・水150ml

詳細な作り方

1:ほうれん草は茎の部分を取り除いてサッと湯通ししたら、混ざりやすい大きさにカットしてミキサーに。
2:バナナは皮を取り除いて一口大にカットしたらミキサーに入れます。
3:キウイは表面をしっかりこすり洗いして、ヘタを取り除く。細かくカットしたらミキサーに。(皮ごと使いましょう!)
4:オレンジも表面をしっかりこすり洗いして、ヘタ・種を取り除く。細かくカットしてミキサーに入れます。(オレンジも皮ごと使いましょう)
5:ミキサーに水を入れてしっかり混ぜれば完成。

ワンポイント補足

ほうれん草はシュウ酸を含んでいるので、使う前にさっと湯通ししましょう。サラダ用のほうれん草であれば生食できるので、そちらを使ってもOK。

キウイとオレンジは皮にも栄養が含まれていて、食物繊維やポリフェノールを含んでいるので、せっかくスムージーにするなら皮ごと使いましょう。残留農薬が気になるので、しっかりこすり洗いしてから使うのがポイントです。

 

レシピのポイント

ほうれん草は葉野菜が持つ栄養をバランス良く含んでいますが、ビタミンB群の葉酸を特に多く含んでいます。葉酸は血を造る作用があり、貧血予防や血行改善に効果的。代謝向上も期待できるので、貧血に悩んでいる人は積極的に摂りたい葉野菜です。

バナナは糖質をバランス良く含む果物で疲労回復や夏バテ予防に効果的な果物。バナナが持つオリゴ糖は、腸内の善玉菌を増やす働きがあるので、便秘解消などの効果も期待できます。

キウイはビタミンCが非常に豊富な果物で、クエン酸やポリフェノールも多く含んでいます。疲労回復や美肌効果も期待できるので、美容効果がほしい人はスムージー作りに積極的に使っていきましょう。

脳の働きを活性化させる糖質やマグネシウムなどをバランス良く含んでいるので、子供に飲ませてあげるのもオススメのレシピ。その場合はくるみをトッピングして作るのがオススメです。

スポンサードリンク