あなたのスムージーライフを楽しく快適にするレシピサイト

【コレステロール低減】ほうれん草とココナッツミルクのグリーンスムージー

 

主な食材:ほうれん草、マンゴー、バナナ 
カロリー:約300kcal 
飲みやすさ:甘めで飲みやすい 
期待効果:コレステロール低減、便秘解消、疲労回復、美肌効果、 

コレステロール低減効果の期待できるココナッツミルクを使ったグリーンスムージーレシピ。

スポンサードリンク

レシピの詳細

・サラダ用ほうれん草50g
・マンゴー1/4個
・バナナ1/2個
・オレンジ1/4個
・ココナッツミルク100ml

詳細な作り方

1:サラダ用のほうれん草はサッと洗ったらザク切りにしてミキサーに入れます。
2:マンゴーは皮をむいて果肉部分をミキサーに入れます。
3:バナナの皮をむいて一口大にカットしたらミキサーに入れます。
4:オレンジも同じように撹拌しやすい大きさいに。皮ごとでもOKですが、皮を使う時はしっかり洗うようにしましょう。
4:材料を全てミキサーに入れれば完成。

ワンポイント補足

普通のほうれん草を使って作る時はシュウ酸が気になるのでサッと湯通ししてから使いましょう。

オレンジの皮はビタミンなどの栄養が豊富なので、ハイパワーなミキサーがあれば皮ごとでもOKです。ミキサーで撹拌しやすいように包丁で細かくカットしましょう。皮ごと使う場合は残留農薬が気になるので、無農薬の物を使いたいですね。

 

レシピのポイント

定番のほうれん草にバナナ、マンゴー、オレンジを使ったトロピカル感のあるグリーンスムージー。ココナッツミルクを使っているのがポイントですね。

ココナッツミルクはラウリン酸を豊富に含んでいて、善玉コレステロールを増やす働きが期待できます。他にもミネラルやビタミンを含んでいて美肌効果や整腸作用が期待できます。

ただ市販のココナッツミルクは糖分を加えられているものがほとんどで、それなりにカロリー量が多いので飲み過ぎには注意しましょう。(1日2杯くらいまでが良いですね)

食物繊維を持つフルーツをバランス良く使っているので腸内のお掃除効果も期待できますし、バナナのオリゴ糖が腸内の善玉菌を増やしてくれるので、お腹の調子を整えて代謝を良くしてくれる効果が期待できます。

しっかり甘さの感じられる仕上がりなので、グリーンスムージー初心者の人にオススメ。LDLコレステロールが気になっている人は是非試してみて欲しいレシピです。

スポンサードリンク