あなたのスムージーライフを楽しく快適にするレシピサイト

グリーンスムージーでアンチエイジング効果が期待できる?

 

加齢による影響を抑えるアンチエイジングが流行っていますね。

とグリーンスムージーの本だったりブログをチェックしていると、グリーンスムージーを飲むとアンチエイジング効果がある!と見かけることがありますよね。

グリーンスムージーを飲むと本当にアンチエイジング効果があるの?あるとしたら、なぜ効果があるの?と、気になっている人は多いんじゃないでしょうか。

この記事ではそんな人のために、グリーンスムージーが持つアンチエイジング効果について紹介したいと思います。

スポンサードリンク

そもそもアンチエイジングって何?具体的にどういう事?

最近ではアンチエイジングという言葉が当たり前のように使われています。

アンチエイジングは簡単に言うと「老化のスピードを緩める事」ですが、具体的にどうすればアンチエイジングにつながるのか確認してみましょう。

加齢に伴って、臓器や身体能力が低下する事をエイジングといいます。エイジングのスピードは人によっても違いますし、臓器の種類によっても違います。

エイジングは「酸化」「糖化」が大きな要因になる

ではこのエイジングはどのように起こるのかと言うと、「酸化」「糖化」というのが大きな原因になります。

人間の身体は食事に含まれる糖質・脂質を「ATP」という物質に変えて、それをエネルギー源にしています。この「ATP」は人間の細胞の中にあるミトコンドリアという器官で作られます。

この時に身体に害を与える活性酸素が発生します。この活性酸素の影響を受ける事を「酸化」と言います。

また、食事によってエネルギー源とならなかった余分な糖分はタンパク質とくっつきます。タンパク質とくっつくと老化促進物質となってエイジングにつながります。この現象を「糖化」と言います。

 

この「酸化」「糖化」に加え、紫外線や遺伝子の影響でエイジングが進んでいきます。これらの害を受けないようにする事がアンチエイジングです。

 

グリーンスムージーにはたくさんの抗酸化物質が含まれている

グリーンスムージーはアンチエイジング効果があると言われるのは、「酸化」を防ぐ抗酸化物質が多く含まれているからです。

抗酸化物質とは酸化を引き起こす活性酸素の影響を緩和してくれる物質の総称。代表的なのはβカロテンやビタミンC・ビタミンEがあります。

ただ単独で摂るのはNG。例えばビタミンEは活性酸素とくっつきますが、それ自体が活性酸素の1種になってしまいます。抗酸化物質はバランス良く摂るのが大切です。

グリーンスムージーはこれらの抗酸化物質をバランスよく摂れる飲み物なので、アンチエイジング効果が期待できると言われています。

グリーンスムージーは他にもアンチエイジング効果が期待できる栄養素を含んでいるので、アンチエイジングが気になる人は、是非日常に取り入れましょう。

 

アンチエイジングで着目したいマグネシウム・カリウム・食物繊維

マグネシウムは、体内での300もの酵素が働くために必須のミネラルで、糖質や脂質の代謝を向上させたり中性脂肪を低下させる働きがあります。

カリウムは心臓の機能維持や高血圧の予防、体内のナトリウムを排出する役割をもっています。(カリウムは日常生活では不足しがちな栄養素です)

また、グリーンスムージーに使う葉野菜とフルーツは、食物繊維が豊富な物が多いです。

食物繊維は腸内の蠕動(ぜん動)運動を促し、腸の機能を活発化させてくれます。便秘の解消や代謝の向上にもつながるので、しっかり摂りたい栄養素です。

 

アンチエイジングにオススメのグリーンスムージーレシピ

これまで紹介した点を踏まえて、アンチエイジング効果が期待できるオススメのグリーンスムージーレシピを紹介したいと思います。

アンチエイジングが気になる人は是非チェックしてみてくださいね。

 

グリーンスムージーだけでなく適度な運動や生活習慣にも注意しよう

これまで見てきたようにグリーンスムージーはアンチエイジング効果が期待できる飲み物です。

しかし、グリーンスムージーを飲むだけでは十分ではありません。

グリーンスムージーで食生活を見直すだけではなく、やはり適度な運動や生活習慣も大切です。

生活習慣を見直したり運動を始めたりして、健康的な体質を作る生活を送るようにしましょうね。

 

グリーンスムージーでアンチエイジング効果が期待できる? まとめ

スポンサードリンク