あなたのスムージーライフを楽しく快適にするレシピサイト

【貧血予防】ほうれん草とバナナ・イチゴのグリーンスムージーレシピ

  【貧血予防】ほうれん草とバナナ・イチゴのグリーンスムージーレシピ

主な食材:ほうれん草、バナナ、イチゴ 
カロリー:約150kcal 
飲みやすさ:甘めで飲みやすい 
期待効果:貧血予防、美肌効果、免疫力向上 
イチゴを使ったほうれん草のグリーンスムージー。飲みやすい割に意外とカロリーも低く、冬場にオススメのスムージーです。>

スポンサードリンク

レシピの詳細

・ほうれん草2株
・バナナ1本
・いちご5粒

・レモン1/4個
・水100ml

詳細な作り方

1:ほうれん草はしっかり洗ってサッと茹でたら、細かくザク切りにしてミキサーに。
2:バナナは皮を剥いて一口大にカットしてミキサーに入れます。
3:イチゴは洗ったらヘタを取り半分にカットしてミキサーに入れます。
4:レモンは表面をしっかり洗って細かくカットしてミキサーに入れます。(ミキサーのパワー次第ですが、できれば皮ごと使いましょう)
5:最後に水を入れてしっかり混ぜれば完成です。

ワンポイント補足

レモンの皮は栄養が豊富なので、せっかくスムージーにするのであれば、できれば皮ごと使いましょう。皮ごと使う時はしっかり洗って残留農薬を落としておきましょう。

ほうれん草は結石の原因となるシュウ酸を含んでいるので、シュウ酸を落とすためにサッと茹でましょう。手間であれば、普通のほうれん草ではなくサラダ用ほうれん草を使えば生でもいけます。

レシピのポイント

ほうれん草とバナナというグリーンスムージーの定番とも言える2つに加えて、イチゴとレモンを使ったグリーンスムージーレシピ。バナナの甘みとイチゴ・レモンの酸味がさっぱりとした味わいに仕上げてくれます。

ほうれん草は葉野菜の中でもバランス良く栄養を持っていますが、特に葉酸が多く、貧血予防や動脈硬化の予防などの効果が期待できます。(補足で書いたようにシュウ酸に注意しましょう)

バナナはビタミンB群や食物繊維などに加え、オリゴ糖を豊富に持っているので、腸内の善玉菌を増やし、免疫力を高めてくれます。

イチゴは言わずと知れたビタミンCを多く含む果物。しみの原因となるメラニンの生成を抑えてくれるので、美肌効果が期待できます。

飲みやすい割にはカロリー控えめです。果物は冷凍しておいた物を使ってもOKなので、1回分をジップロックなどで分けて冷凍しておくのも作る時に便利ですね。

もうちょっと腹持ちが良いのが欲しいな、という人は水の代わりに豆乳や牛乳を使っても美味しく飲めます。その場合、ちょっとカロリーが増えてしまうので、ダイエット中の人などはバナナを半分にするなどして調整してみましょう。

スポンサードリンク