あなたのスムージーライフを楽しく快適にするレシピサイト

【安眠作用】バナナとほうれん草のグリーンスムージーレシピ

 

主な野菜:ほうれん草 
カロリー:約110kcal 
飲みやすさ:少し飲みにくい 
期待効果:安眠作用、疲労回復、血行改善、貧血予防 

カロリー控えめなほうれん草を使ったグリーンスムージー。果物少なめなので、グリーンスムージーに慣れた人向けのレシピですね。

スポンサードリンク

レシピの詳細

・ほうれん草1株
・バナナ1本
・レモン1/2~1/4個(レモン汁でもOK)
・はちみつ少量
・水100ml

詳細な作り方

1:ほうれん草は洗ったら茎の部分はカットして取り除きましょう。さっと湯通しして、一口大の大きさにカットしたらミキサーに入れます。
2:バナナは一口大の大きさにカットしたらミキサーに入れます。
3:レモンは表面をしっかりこすり洗いしたら、カットしてヘタ・種を取り除きます。薄くカットしたらミキサーに入れます。(皮ごとでOK)
4:水とはちみつをミキサーに入れてしっかり混ぜれば完成。

ワンポイント補足

ほうれん草はシュウ酸対策にさっと湯通し(30秒~1分位)しましょう。生食用のサラダ用ほうれん草を使うのも一つの手ですね。レモンの皮は栄養が豊富なのでできれば皮ごと使いましょう。ただ、残留農薬が気になるので、皮ごと使うときはしっかりこすり洗いしてから使いましょう。

レシピのポイント

グリーンスムージー定番のほうれん草とバナナを使ったグリーンスムージー。レモンとはちみつを加えることでかすかな甘味と酸味がアクセントになります。

ほうれん草は緑黄色野菜の中でもバランス良く栄養素を含んでいます。ビタミン類の他にカリウムや鉄分・葉酸などを含んでいて、血行改善や貧血予防などに効果的な葉野菜です。

バナナはビタミン類やミネラルなどの栄養をバランス良く含むほか、ポリフェノールや糖質をバランスよく含んでいて、グリーンスムージーに適した果物。トリプトファンも含んでいて、リラックス作用や安眠効果なども期待できます。

レモンはビタミンCが豊富な果物。ビタミンCは肌のシミに原因となるメラニンの生成を抑えてくれます。(このビタミンCは皮部分の方がより多く含まれています)

ほうれん草は少しクセがあって青ぐさい印象を受ける人も多いので、飲みにくい!と感じた人は、ほうれん草の量を減らすか、クセの少ない葉野菜(小松菜など)に変えると飲みやすくなります。グリーンスムージーに慣れてきた人はぜひ一度お試しあれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク