あなたのスムージーライフを楽しく快適にするレシピサイト

【血行改善】にんじんとリンゴ・レモンのホットスムージーレシピ

 

主な食材:にんじん、リンゴ、レモン 
カロリー:約170kcal 
飲みやすさ:普通の飲みやすさ 
期待効果:血行改善、便秘解消、アンチエイジング、むくみ予防 

血流を良くする働きがある食材を使ったホットスムージーレシピ。むくみ予防や冷え性対策にもオススメ。

スポンサードリンク

レシピの詳細

・にんじん1/2本
・りんご1個
・レモン1/2個
・はちみつ大さじ1/2杯
・お湯50ml

詳細な作り方

1:にんじんは皮をむいて薄切りにし、さっと茹でます。(1分くらい)
2:りんごはヘタと種を取ってザク切りにして塩水にひたしておきます。(皮ごと使います)
3:レモンはカットしてヘタ・種を取り除いて細かくカットします(できれば皮ごと使いましょう)
4:すべての材料をミキサーに入れて、はちみつ・お湯(60℃くらい)を加えてしっかり混ぜれば完成。

ワンポイント補足

りんごの皮にはりんごポリフェノールが多く含まれています。抗酸化作用が高いので、スムージーにするなら皮ごと使いましょう。

レモンの皮は食物繊維が豊富な上、ビタミンやポリフェノールなども含まれています。食感が気になるかもしれませんが、できれば皮ごと使いましょう。残留農薬が気になるので、カットする前にしっかりこすり洗いをしておくのがポイントです。

 

レシピのポイント

にんじんは緑黄色野菜の王様と呼ばれるほどβカロテンを豊富に持っていて、ビタミンB1・B2、鉄分やカルシウムなどを多く含んでいます。また、にんじんが持つ「クマリン」という成分が血流をスムージにしてくれる作用があり、血管やリンパの循環を改善する働きがあるので血行改善が期待できます。

りんごにはリンゴポリフェノールを筆頭に100種類を超えるポリフェノールが含まれています。リンゴポリフェノールは悪玉コレステロールを抑え、血管の硬化を防いで血流を改善してくれる働きが期待できます。

また、りんごに多く含まれる水溶性食物繊維のペクチンは、腸の機能を活発化させる効能もあり便秘解消も期待できます。

レモンはビタミン類やミネラルが豊富な果物ですが、レモンが持つエリオシトリンというポリフェノールは血管を広げて血液の流れを調節する働きがあり、血行改善に効果的と言われています。

りんご・にんじん・レモンと食物繊維が豊富な食材を使ったホットスムージーレシピ。腸内の掃除してくれるだけでなく、空腹感を満たしてくれるので、ダイエット中にも最適なスムージーです。

スポンサードリンク