あなたのスムージーライフを楽しく快適にするレシピサイト

【美肌効果】豆乳と3種のフルーツのグリーンスムージーレシピ

  【美肌効果】豆乳と3種のフルーツのグリーンスムージーレシピ

主な食材:ほうれん草、バナナ、キウイ 
カロリー:約180kcal 
飲みやすさ:普通の飲みやすさ 
期待効果:生理痛緩和、むくみ予防、疲労回復、美肌効果 

定番のほうれん草を使ったグリーンスムージーレシピ。豆乳を使ったまろやかな味で飲みやすいレシピです。

スポンサードリンク

レシピの詳細

・ほうれん草1株
・バナナ1本

・キウイ1個
・オレンジ1/2個
・豆乳100~150ml

詳細な作り方

1:ほうれん草は洗って茎をカットして取り除いたら、サッと湯通ししましょう。一口大の大きさに切ったらミキサーに入れます。
2:バナナは一口大の大きさにカットしたらミキサーに入れます。
3:キウイは表面をしっかり洗ったら、ヘタを取り除いて細かくカットしてミキサーに入れます。
4:オレンジは皮と種を取り除いてミキサーに入れます。
5:最後に豆乳をミキサーに入れてしっかり混ぜれば完成。

ワンポイント補足

ほうれん草は結石の原因となるシュウ酸を含んでいるので、さっと湯通し(30秒~1分くらい)しましょう。サラダ用ほうれん草なら生食もできるので、サラダ用の物を使うのも手ですね。

キウイの皮は食物繊維の宝庫で整腸作用が期待できます。また、皮に近いほど果肉部分の甘みも増すので、ぜひ皮ごと使いましょう。しっかり洗って産毛をこすり落とせば食感も気にならなくなります。

 

レシピのポイント

ほうれん草は鉄分やカリウム、葉酸などの栄養を豊富に含む食材で、特に血行改善や貧血予防などに効果があると言われています。

バナナとキウイは糖質のバランスがよく、疲労回復物質が含まれているので、疲れやすい人や夏バテを予防したい人は積極的に摂りたい果物です。オレンジは食物繊維が豊富で、ビタミン類をバランス良く含んだ果物で、美肌効果なども期待できますね。

豆乳は大豆イソフラボンを含んでいますが、体内のホルモンバランスを整える効果があると言われています。

ホルモンバランスの乱れが大きいと生理痛が大きくなったりするので、豆乳を飲むことで生理痛が抑えられる効果が期待できます。生理トラブルに悩まされている人は、一度飲んでみるのをオススメしたいグリーンスムージーレシピです。

 

スポンサードリンク