あなたのスムージーライフを楽しく快適にするレシピサイト

グリーンスムージーに使いたい!モロヘイヤの栄養・効能・レシピ

  グリーンスムージーモロヘイヤ

葉野菜の中ではトップクラスに栄養を多く持つモロヘイヤ。

「モロヘイヤ」はアラビア語で「王様のもの」という意味もあり、キングオブグリーンとも呼ばれる葉野菜です。

この記事では、グリーンスムージーに使うモロヘイヤの持つ栄養や期待できる効果、オススメのレシピなどを紹介したいと思います。

スポンサードリンク

モロヘイヤが持つ栄養

グリーンスムージーモロヘイヤキングオブグリーンとも言われるモロヘイヤは、様々な植物性栄養素を多く含んでいます。

βカロテンはグリーンスムージーによく使われるほうれん草の2倍以上も持っていますし、ビタミンC・E・Kを豊富に含んでいます。

また、ミネラル分も多く、カリウム、カルシウム、葉酸も豊富に含んでいて、様々な栄養素を持っています。

モロヘイヤが持つ主な栄養(100gあたり)

  • βカロテン:10000μg
  • ビタミンC:65mg
  • ビタミンE:6.6mg
  • ビタミンK:640μg
  • カリウム:530g
  • カルシウム:260mg
  • 葉酸:250μg

 

モロヘイヤはどんな効能が期待できる?

グリーンスムージーモロヘイヤモロヘイヤには体内の活性酸素を抑えるβカロテンが非常に多いので、生活習慣病予防や皮膚や粘膜を保護してウイルスの侵入を防いで免疫力を高めてくれます。

βカロテン、ビタミンCやビタミンEが多く含まれているので、それぞれの力で高い抗酸化作用が期待できるので、アンチエイジングに効果的と言われています。

またモロヘイヤのネバネバ成分には食物繊維が含まれていて、胃腸の粘膜を保護してくれるで、胃もたれの緩和や便秘解消などの効果が期待できます。

カルシウムも多いので、骨や歯を丈夫にしたり、リラックス作用や抗ストレス作用も期待できます。

モロヘイヤはこんな人にオススメ

  • 美肌、アンチエイジング効果が欲しい人
  • 便秘に悩まされている人
  • 胃腸が弱い人
  • 生活習慣が乱れがちな人
  • 骨や歯を丈夫にしたい人

 

モロヘイヤには毒があるって聞いたんだけど・・・

モロヘイヤの実の部分には人間の身体に有害な毒素が含まれています。

ですが、葉や茎・根っこの部分には有害な毒素は含まれていないと国の機関の研究でわかっています。

流通しているモロヘイヤは、実ができる前の安全な状態で収穫されているので、安心して使えると考えて問題ありません。

 

モロヘイヤを使ったおすすめグリーンスムージーレシピ

モロヘイヤを使ったオススメのグリーンスムージーレシピを紹介したいと思います。モロヘイヤのグリーンスムージーを作ろうと考えているなら、是非試してみてくださいね。

【ダイエット】モロヘイヤとバナナ・レモンのグリーンスムージーレシピ

・モロヘイヤ2株
・バナナ1/2~1本
・レモン1/4個(レモン汁でもOK)
・水100ml

【抗酸化作用】モロヘイヤと梨・ぶどうのグリーンスムージーレシピ

・モロヘイヤ30g
・梨1/2個
・ぶどう5粒(巨峰などの大きいもの)
・水100ml

【夏バテ予防】モロヘイヤとキウイ・パインのグリーンスムージーレシピ

・モロヘイヤ30g
・パイン1/4個
・キウイ1個
・水100ml

【コレステロール低減】モロヘイヤとくるみのグリーンスムージーレシピ

・モロヘイヤ1株
・くるみ5粒程度
・みかん2個
・水100ml

スポンサードリンク