あなたのスムージーライフを楽しく快適にするレシピサイト

ナチュラルヘルシースタンダードって作り置きしても大丈夫なの?

  グリーンスムージーモロヘイヤ

ナチュラルヘルシースタンダードのグリーンスムージーを愛飲している人も多いと思いますが、1回ずつ作るのって面倒に感じる事もありますよね。

普通のグリーンスムージー程ではありませんが、アレンジした作り方をしてたりすると、多めに作って作り置きしたい、という人もいるようです。

せっかく栄養補給のために飲んでるから、しっかり栄養を摂りたいけどナチュラルヘルシースタンダードを作り置きして大丈夫なの?という疑問について答えたいと思います。

スポンサードリンク

結論から言うと作り置きはNG

結論から言ってしまうとナチュラルヘルシースタンダードのグリーンスムージーを作り置きしておくのはNGです。

その理由は簡単に言うと、作ってから時間が空いてしまうことで、グリーンスムージーが酸化してしまうからです。

酸化というのは、リンゴなどが皮をむいて置いておくと茶色く変色しますが、あれが酸化の現象です。

グリーンスムージーも同じで作り置きをしてしまうと徐々に酸化してしまうので、作り置きせずに新鮮な状態で飲む事が大切です。

 

グリーンスムージーが酸化するとどうなる?

ナチュラルヘルシースタンダード作り置きグリーンスムージーは生の野菜や果物が持つ酵素や栄養をしっかり摂れるのが特徴の飲み物です。

熱に弱い酵素や栄養をせっかくグリーンスムージーという栄養の吸収効率が高いものを飲んでいるのに、酸化することによってこれらの成分が壊れてしまいます。

グリーンスムージーを作る少しの手間で、せっかくの栄養が壊れてしまうのです、作りおきはしないように注意しましょう。

数分置いて飲むのはアリ

ナチュラルヘルシースタンダードを作って長時間置いておくのはNGですが、作ってから数分置いてから飲むのはアリです。

これはナチュラルヘルシースタンダードに含まれている食物繊維が水分をしっかり含むのを待ってから口に入れることで、より腹持ちが良い状態で飲むことができるからです。

置き換えダイエット中などの人にオススメの飲み方なので、作り置きはダメですが、数分置いてから飲む方法は大いにアリなので、一度試してみてくださいね。

スポンサードリンク