あなたのスムージーライフを楽しく快適にするレシピサイト

【冷え性・風邪対策】リンゴとみかんのホットスムージーレシピ

 

主な食材:みかん、りんご 
カロリー:約140kcal 
飲みやすさ:普通の飲みやすさ 
期待効果:冷え性対策、風邪予防、むくみ予防 

リンゴとみかん、ショウガを使った暖かいホットスムージーレシピ。ビタミン豊富で風邪をひいてる人にもオススメ。

スポンサードリンク

レシピの詳細

・みかん1個
・りんご1/2個
・ハチミツ大さじ1
・ショウガ少量
・お湯100ml

詳細な作り方

1:みかんは皮をむいたら、一房ごとに分けておきます。スジはそのまま使いましょう。
2:りんごはヘタ・種を取り除いて一口大にカットします。(皮ごと使いましょう)
3:ショウガは皮をそいで薄切りにしておきましょう。(乾燥しょうがを使うと◎)
4:りんごとみかんをサッと茹でます。(20秒くらい)
5:材料をミキサーに入れて、お湯(60℃くらい)をミキサーに入れてしっかり混ぜれば完成。

ワンポイント補足

みかんの皮は食物繊維が豊富で栄養もあるので、皮ごと使ってもOK。皮ごと使う時はしっかりこすり洗いしてから使うようにしましょう。

りんごの皮もポリフェノールやビタミンを含んでいて皮ごと使うのがオススメ。みかんの皮と違って食感が気になったりもしないので、皮ごと使いましょう。こちらもこすり洗いをしっかりするのがポイントです。

ショウガは生でも良いですが身体を温める作用が欲しい人は乾燥ショウガを使って作るのがオススメ。生のショウガよりも身体を温めるショウガオールという成分が多いので、冷え性の人などは乾燥ショウガを使うのがオススメです。

 

レシピのポイント

みかんはビタミンCが豊富で、他にもビタミンA・P、カリウム、ペクチンなどが含まれていて、花や喉の粘膜を保護して風邪への免疫力を高めてくれます。

りんごには数多くのポリフェノールが含まれていて、抗酸化作用が期待できる果物です。血行を改善し免疫力を向上させる作用が期待できるので、冷え性対策や風邪予防に効果的な果物です。

ショウガの辛味成分の正体はジンゲロール・ショウガオール。この2つの成分が身体を内側から暖めてくれる効果がありますが、ショウガオールの方がより暖める効果が期待できます。ショウガオールはショウガを乾燥させることで量が増す(ジンゲロールがショウガオールに変化する)ので、手間でなければ乾燥させて使いましょう。

はちみつも喉を保護してくれるので風邪予防の効果が期待できます。安眠作用も期待できるので、寒い冬の夜にぴったりなホットスムージー。冷え性に悩まされている人にオススメのレシピです。

 

 

スポンサードリンク