あなたのスムージーライフを楽しく快適にするレシピサイト

【夏バテ予防】バナナとぶどうのフルーツスムージーレシピ

 

主な食材:バナナ、ぶどう 
カロリー:約210kcal 

飲みやすさ:甘めで飲みやすい 
期待効果:夏バテ予防、便秘解消、疲労回復、アンチエイジング 

ぶどうとバナナだけのシンプルなフルーツスムージー。疲労回復、夏バテ予防効果が期待できるレシピ。

スポンサードリンク

レシピの詳細

・種無しぶどう10粒(小さいぶどうであれば1/2房)
・バナナ1本
・牛乳100~150ml

 詳細な作り方

1:ぶどうはサッと洗ったら、そのままミキサーに入れます。(皮ごと使いましょう)
2:バナナは皮を剥いて、混ぜやすいように一口大にカットしたらミキサーに入れます。
3:牛乳を入れてミキサーでしっかり混ぜれば出来上がり。

ワンポイント補足

ぶどうの皮はポリフェノールが果肉よりも多く含まれています。食物繊維も含んでいるので、ぶどうをスムージーに使う時は皮ごと使うようにしましょう。種ありのぶどうを使う時は、種は取り除いた方が無難ですが、ハイパワーなミキサーで作る場合は種ごとでもOKです。

 

レシピのポイント

ぶどうはビタミンやミネラル類を豊富に含んでいる果物。糖質もバランス良く含んでいて、酒石酸やクエン酸を多く含んでいるので、疲労回復や夏バテ予防に効果的と言われている果物。また、ポリフェノールを多く含んでいるので、抗酸化作用が強くアンチエイジング効果も期待できます。

バナナも糖質をバランス良く含んでいて疲労回復に効果的で、カリウムも多く含んでいます。カリウムは発汗などで失われるので夏場に不足しがち。カリウムが不足すると夏バテの原因となってしまうので、暑い時期は積極的にスムージーに使いたい果物ですね。また、バナナの持つオリゴ糖は腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれるので、便秘解消などの効果も期待できます。

野菜を使っておらず、スイーツ感あふれる味わいに仕上がっているので、スムージー初心者にオススメのレシピ。子供でも飲みやすいので、夏バテ予防に家族みんなで作ってみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク