あなたのスムージーライフを楽しく快適にするレシピサイト

【抗酸化作用】イチゴとブルーベリーのスムージーレシピ

 

主な食材:ブルーベリー、イチゴ
カロリー:約170kcal

飲みやすさ:甘めで飲みやすい
期待効果:美肌効果,高血圧予防,アンチエイジング

抗酸化作用の高いイチゴとブルーベリーを使ったヨーグルトスムージーレシピ。栄養価の高いブルーベリーを多めにするのがポイント。

スポンサードリンク

レシピの詳細

・ブルーベリー10~15粒
・イチゴ5粒
・牛乳100cc
・ヨーグルト50g

詳細な作り方

1:ブルーベリーは皮ごと使いましょう。洗ったらミキサーに。
2:イチゴは洗ったらヘタだけ取って、半分にカットしたらミキサーに入れます。
3:牛乳を入れてミキサーで混ぜます。
4:ヨーグルトを入れてミキサーで混ぜれば完成!

ワンポイント補足

ブルーベリーは皮にアントシアニンなどのポリフェノールが豊富なので、ぜひ皮ごと使いましょう。

ヨーグルトを入れると少し混ざりにくくなって、ブルーベリーの皮が残りやすくなってしまいます。先に牛乳だけ入れてブルーベリーの皮をしっかり潰してから、ヨーグルトを入れてミキサーしましょう。

共に冷凍保存ができる果物なので、1回分に分けて冷凍しておくといつでも作れるので便利ですよ。

 

レシピのポイント

【美肌効果】黄パプリカとキウイ・レモンの美肌スムージーレシピイチゴはビタミンCが豊富というのは有名ですが、他にもポリフェノールやカルシウムやマグネシウムなどのミネラル、食物繊維や葉酸などの栄養も含んでいます。女性が欲しい栄養素を持っているので、積極的に使いたい果物ですね。

ブルーベリーの持つ栄養と言えばアントシアニンがメジャーですが、ビタミン類や食物繊維も含んでいます。腸内のお掃除や、花粉症の症状改善なども期待できる果物です。

イチゴとブルーベリー、ヨーグルトを使ったフルーティーな味わいのスムージー。スイーツ感があり、美味しく飲めるのでスムージー初心者の人にオススメ。

もうちょっと甘さが欲しいなあ、という人はイチゴを増やしたり少しキウイを入れてみるといい感じになります。バナナを入れても美味しく飲めますが、バナナの風味がかなり強くなってしまうので、イチゴを増やすかキウイを入れるのがオススメ。ちょっとハチミツを加えてもGoodです。

スポンサードリンク