あなたのスムージーライフを楽しく快適にするレシピサイト

【生理痛緩和】バジルとぶどう・バナナのグリーンスムージーレシピ

 

主な食材:バジル・ぶどう・バナナ 
カロリー:約180kcal 

飲みやすさ:甘めで飲みやすい 
期待効果:生理痛緩和、貧血予防、ストレス対策 

神経をおだやかにしてイライラを緩和してくれるバジルと、ぶどうを使ったグリーンスムージーレシピ。

スポンサードリンク

レシピの詳細

・バジル1~2枝
・ぶどう1/4~1/3房
・バナナ1本

・レモン1/4個
・水150ml

詳しい作り方

1:バジルは葉の部分をちぎってミキサーに入れます。
2:ぶどうはサッと洗ったら、一粒ごとに分けてミキサーに入れます。(皮も種もそのまま使ってOK)
3:バナナは皮を剥いて一口大にカットしたらミキサーに。
4:レモンは水洗いしたら、混ざりやすいよう細かくカットしてミキサーに。(皮ごとでOKです。無農薬の物を選びましょう)
5:最後に水を加えてしっかり混ぜれば完成!

ワンポイント補足

ぶどうの種は実は栄養が豊富なので、スムージーにする時はそのまま使いましょう。皮にもアントシアニンが多く含まれているので、ぶどうは丸ごと使うのがオススメです。
また、生理中は血行を良くする事で痛みが和らぐ効果が期待できるので、過度に冷たい状態で飲むのはNG。作ってから少し置いてから飲むなどの工夫をしましょう。

 

レシピのポイント

グリーンスムージー生理痛緩和バジルは食物繊維を多く含む葉野菜ですが、鉄分やマグネシウムも多く含んでいて、リラックス作用があり神経をおだやかにしてくれます。少しスムージーに加えると、生理時のストレスやイライラを和らげてくれる効果が期待できます。

ぶどうは栄養豊富で美肌効果など期待できる果物ですが、サポニンという抗酸化物質が含まれています。サポニンは女性ホルモンの分泌を促す働きがあり、ホルモンバランスを整えて生理痛を和らげる効果が期待できます。

レシピのアレンジとして、水の代わりに豆乳を使って作るのもアリです。豆乳が持つ大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする事ができます。

生理痛は女性ホルモンのバランスが崩れることで痛みが増すので、大豆イソフラボンを摂ることで、ホルモンバランスが整えられて痛みを緩和させる事ができます。

豆乳は少しクセがあるので苦手、と思うかもしれませんが、豆乳と相性の良い食材を使ったレシピなので、豆乳を使って作るのもオススメですよ。

 

スポンサードリンク