あなたのスムージーライフを楽しく快適にするレシピサイト

【抗糖化】小松菜とりんご・アボカドのグリーンスムージーレシピ

 

主な食材:小松菜・りんご・アボカド 
カロリー:約240kcal 

飲みやすさ:普通の飲みやすさ 
期待効果:抗糖化作用、免疫力向上、アンチエイジング 

グリーンスムージーに定番の小松菜と、抗糖化作用の期待できるりんご・アボカドを使ったレシピ。糖質を抑えたい人にオススメ。

スポンサードリンク

レシピの詳細

・小松菜50g
・りんご1個
・アボカド1/4個

・ゆず1/6個
・水150~200ml

詳しい作り方

1:小松菜はサッと洗って茎の部分をカットして取り除きます。葉の部分をザク切りにしたらミキサーに入れます。
2:りんごは洗ったら混ざりやすいように一口大にカットしてミキサーに。(皮ごとでOK。ヘタ・種は取り除きます)
3:アボカドは種・皮を取り除いたらミキサーに入れます。(柔らかいので特にカットしなくてもOK)
4:ゆずは皮ごと使いましょう。種を取り除いたら、コマ切れにカットしてミキサーに入れます。
5:ミキサーに水を加えてしっかり混ぜれば完成!

ワンポイント補足

抗糖化を意識するなら小松菜はもう少し多めがオススメですが、飲みやすさを考えて少し抑えてあります。もっと多くても大丈夫そうかも?という人は量を増やして作るのがオススメ。ゆずは皮ごと使いたいので無農薬の物を選びましょう。

 

レシピのポイント

【免疫力向上】セロリとイチジク・バナナのグリーンスムージーレシピ

小松菜は葉野菜が持つ栄養素をバランス良く持っていて、クセのない味わいでグリーンスムージーに使いやすい食材です。もちろん食物繊維も多く含んでいるので、糖質の吸収を緩やかにしてくれる働きがあるので、抗糖化作用が期待できます。

りんごが持つカリウムは糖化最終生成物AGEsの形成を抑えてくれるので、抗糖化を考えるなら意識したい栄養素です。

アボカドはビタミンやミネラルなど栄養素を豊富に含む食材で、抗糖化物質が多く含まれています。グリーンスムージーをクリーミーに仕上げてくれて飲みやすくなりますが、食べ過ぎは禁物なので、量に注意しましょう。

ゆずはフルーツの中でもトップに近い食物繊維を持っています。グリーンスムージーの味をさっぱり仕上げてくれるので飲みやすくなります。

抗糖化を意識したグリーンスムージーレシピで、糖質を抑えた食生活を習慣にしましょうね。

抗糖化関連記事

スポンサードリンク