あなたのスムージーライフを楽しく快適にするレシピサイト

忙しい人でも続けられる!スムージー作りを時短する3つのポイント

  グリーンスムージー作り置き

グリーンスムージーが体に良いと注目され始めて数年が経ちました。

カフェなどでもスムージーを扱ったり、中にはスムージー専門のお店も出てきており、スムージーに興味を持っている人も多いのではないでしょうか。

スムージーは生の新鮮な野菜と果物を使う飲み物なので、自分で作るのが基本になるのですが、仕事や家事が忙しいとなかなか続けるのが難しい、という人も多いです。

ここではそんな人の為に、忙しくても続けられるスムージー作りのポイントを紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

1:野菜は手でちぎれる物を選ぼう(包丁を使わない)

スムージー作り時短スムージーを毎日作るとなると、食材の準備だったり作る手間だったり後片付けだったり、どうしても時間が取られてしまいます。(特に毎朝作ろうと思うと大変!)

そこでまず省きたいのは後片付けの時間です。

野菜や果物をカットするのに包丁やまな板を使うと、それだけで洗い物が増えますし、片付けの時間がかかるので、包丁を使わなくてすむ野菜を使いましょう。

具体的には、ほうれん草、小松菜、大葉、などなど。

サッと洗って手でちぎってミキサーに入れるだけならそれ程時間もかかりません。

時間の無い時は後片付けの手間を省けるように工夫してみましょう。

 

2:果物などは冷凍した物を常備しておく

スムージー作り時短時間の無い時に果物などの皮をむいてカットして・・・とやるのはなかなか面倒ですよね。

果物は冷凍保存がきく物が多いので、前もってカットしておく事で作る時の手間を大幅に減らすことができます。

例えばバナナなんかは、ミキサーで混ぜやすい形でカットしておいて、ジップロックなどで1回分に小分けして冷凍保存しておくと非常に便利です。

他にもイチゴやブルーベリーなどのベリー類など、冷凍保存できる物は多いので、ある程度まとめてカットして冷凍しておくと、いざ作る時に時間がなくてもサッと作れて便利ですよ。

 

市販の冷凍物を使うのも検討しよう

最近ではコンビニなどでも冷凍フルーツを取り扱う時代になりました。

ミックスベリーやマンゴーなど、スムージー作りに定番のものはよく見かけるので、これらの冷凍フルーツを買って常備しておくだけで、いつでもスムージーが作れます。

スペースに余裕があれば、コストコや業務スーパーなどで大袋で売っているので、常備しておくとスムージー作りが捗りますよ。

 

3:洗いやすくて使いやすいミキサーを使おう

スムージー作り時短次に工夫したいのがミキサーです。ミキサーは各メーカーから色々な機能を持ったものが出ていますが、時短できるオススメのミキサーはグラス一体型です。

グラス一体型と言うのは、ミキサーに材料を入れて撹拌したら、ブレード部分を取り外してそのまま飲める、とタイプの物ですね。

私もこのタイプを使っていてとても重宝しています!

「Vitantonio」というミキサーなのですが、簡単に使えて洗い物も少なく済むのでオススメですよ。(以前ヒルナンデスでも紹介されていて結構お安くて人気のミキサーです)

このミキサーについての詳細は別記事で詳しく紹介しているので、チェックしてみてくださいね。

 

以上、忙しい人でも続けられる!スムージー作りを時短する3つのポイント、でした。

スポンサードリンク