あなたのスムージーライフを楽しく快適にするレシピサイト

グリーンスムージーの飲み過ぎは危険!注意しないと太るかも

 

貴女は置き換えダイエットにグリーンスムージーを使っていませんか?

グリーンスムージーは健康・美容効果が高く、ダイエット中でも必要な栄養をしっかり摂れるので置き換えダイエットに人気です。

しかし、飲み物だからそんなにカロリー多くないでしょ、だいじょぶだいじょうぶ!という感覚で、1日に何度も飲むのは危険。

グリーンスムージーが健康的な飲み物だからと言ってガブガブ飲むと、太ったり体調が悪くなったりするケースがあります。

この記事では、グリーンスムージーの1日に飲む量について考えてみたいと思います。

スポンサードリンク

グリーンスムージーは意外とカロリーがある

自分で作るグリーンスムージーはレシピによってカロリーが多い物もあり、たくさん飲むと意外と高カロリーになってしまった、というケースが多いです。

特に葉野菜の青臭いのが苦手で、甘くして飲みやすくするために果物を多く使ったりすると、その分糖質が増えてしまいます。

腹持ちを良くする為に分量を多くしたりすると、300kcalを超えることもしばしば・・・

グリーンスムージーは意外とカロリーが高くなる事もあるので注意しましょう。

 

お腹の調子が・・・食物繊維の摂りすぎかも?

グリーンスムージーを飲んでいる人はご存知だと思いますが、グリーンスムージーに使う食材は食物繊維を含んでいるものが多いですよね。

食物繊維は御存知の通り、腸内を掃除してくれて、腸の機能を活発にしたり便秘を解消したり、という効果が期待できます。

便秘が解消された結果、代謝が良くなって痩せやすい体質になる!というメカニズムはあるのですが、食物繊維の摂り過ぎは逆効果になるケースがあります。

食物繊維を多く摂りすぎた結果、腸の動きが活発になってお腹が緩くなったりする事があります。

普段からお通じが良いという人は、腸が普段からしっかり動いてくれている証拠。そういう人は食物繊維を摂りすぎると、逆効果になることもあるので注意しましょう。

 

飲み過ぎで身体が冷えないように注意しよう

グリーンスムージーは基本的に冷たい飲み物です。(ホットスムージーなどもありますが…)

冷たいグリーンスムージーを一日に何度も飲むと、身体が冷えの状態になってしまうリスクが増えます。

体が冷えると血行が悪くなって代謝が落ちて太りやすい身体になってしまいます。

健康の面から見ても冷えの状態は、抵抗力が落ちて病気にもなりやすいです。

健康に良いからと言ってグリーンスムージーの飲み過ぎには注意しましょう。

 

結局はバランスが大切。体調を伺いながら飲むようにしよう

人によって体質には差があるので、グリーンスムージーは1日◯杯飲む!と言うのは、一概には言えません。

適正量は人によって違うので、結局は自分にとって良いバランスを見極めて飲むしかありません。(当たり前の話ではあるのですが)

グリーンスムージーを飲んで冷えの状態になってしまうと代謝が落ちて太りやすくなってしまうので、ダイエット中は本当に気をつけましょう。

せっかく健康・美容の為にグリーンスムージーを飲んでいても逆効果になってしまいます。

自分の体調を伺いながらグリーンスムージーを飲む量に注意してスムージーライフを楽しみましょう!

スポンサードリンク