あなたのスムージーライフを楽しく快適にするレシピサイト

グリーンスムージー、自作するとけっこう高い…コストを抑えるには?

  スムージー子供

グリーンスムージーを毎日自作しようとすると、けっこうコストがかかりますよね。

レシピによっては高価な果物をたくさん使うような物もあって、毎日飲むと考えると、お財布にもなかなか厳しい…なんとかコストを抑える方法は無いものか!と考えた事がある人も多いのではないでしょうか。

身体に優しいだけでなく、お財布にも優しくならないものか!という人の為に、グリーンスムージーのコストを抑えるポイントを紹介したいと思います。気になる人はぜひチェックしてみてください。

スポンサードリンク

葉野菜はしっかり使い切る工夫をしよう

グリーンスムージーコスト節約グリーンスムージーに使う葉野菜は一人分や二人分作っても、使い切れないことが多いですよね。使い切れずに余らせてしまって、傷んで捨ててしまうという経験、あったりしませんか?

捨てることになると、その分コストがかさむ事になるので、葉野菜が傷まない内に使い切れるよう工夫してみましょう

・料理とグリーンスムージーの両立を考える

余りがちな葉野菜を無駄なく使い切るには、料理とグリーンスムージーの両立を考えましょう。

グリーンスムージーに使った葉野菜を料理に使えるよう献立を考えると無駄なく使えます。この為には、グリーンスムージーをいつも同じレシピで作っていると、ずっと同じ葉野菜を使う事になってしまうので、色々なレシピを使って変化をつけましょう。

一種類の葉野菜を摂り続けるのは体調不良を招くこともあるので、健康の面でもレシピは変えたほうが良いですね。

 

・葉野菜の保存方法を見直そう

葉野菜はしっかり保存すれば、2日程度であれば新鮮な状態を保つ事も可能なので、新鮮さを保つ保存方法を覚えておきましょう。

1:買ってきたらすぐに水でよく洗う。(元気がないものは10分ほど水に浸しておく)
2:水気を切ったら、ペーパータオルにくるんでビニール袋に入れる。(適度な湿気が保てます)
3:冷蔵庫の野菜保存室に入れて保存する。(できれば立てて保存しましょう)

上手に保存すれば鮮度を保つことができるので、是非取り入れてみてくださいね。

 

冷凍可能な食材はまとめ買いがオススメ

グリーンスムージーコスト節約スーパーなどで果物が安く売られている時がありますよね。ああいう時にまとめ買いして、冷凍保存しておくと、一回あたりのコストが抑えられます。一回分の分量でジップロックなどに入れて冷凍しておくと、作る時に手間が省けてオススメです。

最近では業務スーパーなどでも、冷凍のカット済みフルーツが安く売られていたりするので、そういうのを利用するとコストを抑えられて良いですね。

グリーンスムージーに使えるフルーツも多いので、良く使うものは冷凍保存しておくと、グリーンスムージーライフが捗ってオススメです!

・冷凍保存が効くグリーンスムージーおすすめフルーツ

バナナ、イチゴ、ブルーベリー、マンゴー、パイナップル、キウイ など

どれもグリーンスムージーによく使う物なので、お気に入りのレシピに合わせて冷凍保存しておきましょう。

 

粉末タイプのグリーンスムージーを使うのもアリ

グリーンスムージーコスト節約抵抗がある人もいるかもしれませんが、粉末タイプのグリーンスムージーを使うのも一つの方法です。こういった健康食品は人工甘味料がよく使われていて、手を出さないと考える人も多いのですが、最近では人工甘味料や香料不使用で自然な甘さで飲めるグリーンスムージー商品も出てきています。

商品によって違いますが、だいたい1杯100円以内に収まるので、週に2~3回粉末タイプのグリーンスムージーを利用してコストを抑えるという方法もアリです。忙しかったり疲れていたり、作るのが面倒な時でもサッと作れるのでなかなか便利です。

オススメなのはナチュラルヘルシースタンダードという商品。販売されている期間が長くて、@コスメなどでも口コミが良く安心して飲めるグリーンスムージーです。(以前は人工甘味料が入っていましたが、リニューアルで不使用になりました)

置き換えダイエットに使っている人も多く、人気になっているので、気になる人は一度チェックしてみましょう。

 

ナチュラルヘルシースタンダード 詳細はこちら

 

グリーンスムージー、自作するとけっこう高い…コストを抑えるには?まとめ

スポンサードリンク