あなたのスムージーライフを楽しく快適にするレシピサイト

スムージーに使う食材の食物繊維の種類、意識していますか?

  ナチュラルヘルシースタンダードの腹持ちは?空腹感あるのはきつい…

便秘の解消や腸内のお掃除には食物繊維!というのは有名ですよね。

食物繊維が豊富な食べ物が摂りやすいという事でスムージーを習慣にしている人も多いと思います。

その食物繊維ですが、2つの種類があって、それぞれ効能が違うと言うのはご存知でしょうか。

食物繊維について詳しく知っておくと、より美容・健康効果が高いスムージーを作ることができます。

スムージーに使う食材の食物繊維についてチェックしておきましょう。

スポンサードリンク

そもそも食物繊維ってなんですか?

食物繊維、食物繊維とよく言いますが、そもそも食物繊維って具体的にどんな物?という人もいるかもしれないので、簡単におらさらいしておきましょう。

食物繊維は食べ物の残りかす

食物繊維は体内に入った食べ物が栄養として消化されずに残るかすの事です。

栄養として吸収されないので、そのまま腸内を通って排出されるのですが、腸内を通る時に便とくっついて排出してくれる作用があるので、便秘解消や腸のお掃除に効果的、と言われている訳ですね。

 

食物繊維には「水溶性」「不溶性」の2種類がある

食物繊維には水に溶ける「水溶性食物繊維」と、溶けない「不溶性食物繊維」の2種類があります。

水溶性は水分を含むとゼリー状になる性質があり、コレステロールに引っ付いて吸収する働きがあるので、コレステロールを抑制する働きが期待できます。

不溶性は、水には溶けないのですが、水分を含むと膨らむ性質があります。膨らんだ食物繊維が腸内を刺激して、腸の運動を活発にするので便秘解消効果が期待できる、という訳です。

食物繊維の種類によって働きが違う、という事を覚えておきましょう。

 

不溶性は野菜、水溶性はフルーツに多く含まれる

食物繊維の種類は食材によってもちろん違いますが、傾向としては野菜は不溶性、フルーツは水溶性の食物繊維を多く含む傾向があります。

フルーツは熟していると水溶性食物繊維が増す(バナナなど)ので、水溶性食物繊維がほしい時はフルーツを多く使うのがオススメです。

葉野菜が持つ食物繊維は、不溶性であるものが多いです。グリーンスムージーに使う代表的な葉野菜が不溶性を持っています。

不溶性食物繊維が欲しい人は葉野菜を使ったグリーンスムージーを作るのがオススメです。

不溶性食物繊維を多く含む食材

野菜:ほうれん草、小松菜、モロヘイヤ など
果物:りんご、柑橘系果物、パイン、アボカド、すいか など

水溶性食物繊維を多く含む食材

野菜:オクラ、海藻類、やまいも、ごぼう など
果物:バナナ、キウイ、ベリー類 など

水溶性食物繊維を多く含む野菜は、スムージーではちょっと使いにくいです。

不溶性食物繊維を野菜で摂って、水溶性食物繊維をフルーツで摂るとバランスが良くオススメです。

 

理想の食物繊維のバランスは不溶性2:水溶性1

食物繊維はどっちかを摂ればいいという訳ではなく、不溶性と水溶性をバランス良く摂ることが健康に良いと言われています。

理想のバランスは不溶性2:水溶性1。

不溶性食物繊維は野菜に多く含まれていて、普段の食事で良く口にするので、意識しなくても摂れているケースが多いです。

それに比べて水溶性食物繊維は、普段の食事で十分な量を口にしない人が多く、現代人は不足しがちです。

バナナやキウイ、ベリー類のフルーツを意識的に摂るようにして、食物繊維を理想のバランスで摂ることを意識してみましょう。

 

食物繊維をしっかり摂れるおすすめスムージーレシピ

食物繊維をしっかり摂れるおすすめのレシピを紹介したいと思います。どちらの食物繊維もしっかり摂れるスムージーなので、食物繊維が不足してるかも・・・?と感じる人はぜひ試してみてくださいね。

スポンサードリンク